2011年11月15日

夜の海

夜の海

また孤独の波に揺れる
ただ、寄り添いたいだけなのに

まだ未来を僕は見てる
さぁ、夜の海へダイブしよう

闇に慣れない目でも恐れないで
輝く星が照らしてくれるから

幻想的な夜の空を泳ぐように
月まで、君まで、ゆらゆらと
原動力は弱い愛さ
嘆く事は何一つ無いんだよ

夜が深く黒く染まっていく
僕は深く息を溜めたまま
苦しみも悲しみも僕のせい
汚れても歪んでも また潜るよ

幻想的な夜の空を泳ぐように
月まで、君まで、ゆらゆらと
原動力は弱い愛さ
嘆く事は何一つ無いんだよ



仕事の休憩中に書いた詞。
かなり良い感じに書けたので、載せてみました。
いつかこれに曲をつけてみたいね。


posted by 永幡 at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。